読むまち
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 探検!趣味の街
  4. 【探検!趣味の街 12】足利かき氷紀行 その1

【探検!趣味の街 12】足利かき氷紀行 その1

そういうわけで、かき氷大好き植野です。
どのくらい好きかと言えば、この企画を1年前から温めていたくらい好きです。
1年中かき氷食べたいくらい。
ただ僕がいくら好きだと言っても、読者の皆さんに情報が伝わらなければ意味がない。
発信する側が1年中オンシーズンでも、受け手側がオフシーズンじゃ
情報が迷子になってしまいますからね。

今回お邪魔したのは、なんと1年中かき氷を食べることができるという、
素敵なかき氷専門店 Blue Apple ~shaved ice Cafe~(以下:ブルーアップル)さん。
一体いつからかき氷は夏の食べ物だと錯覚していた?
かき氷好きには、まさに福音!
いつでもかき氷を食べられるお店があるというのを紹介したくて、
この季節を今か今かと心待ちにしていたのです。

統一感のあるオシャレな店内!
店内:別アングル

心待ちにしていたのですが、取材は毎度のことながらアポ無しの突撃取材。
もっと時間があったのだから、ちゃんと準備して関係性を作っておくべきであったと、
名刺を出して取材許可をいただいてから気づきました。
でも、とても快く取材許可を出していただけて、心底ホッとしたことを、
ここに書き添えておきます。

棚にセンス良く物を飾れるようになりたい!

さて、かき氷というと読者の皆さんは、どんなものを想像しますか?
やっぱり氷の上にシロップがかかったシンプルでオーソドックスなものでしょうか?
宇治金時などは、あんこが乗っていたりして贅沢な感じがしますよね。
ブルーアップルさんのかき氷は、そのさらに上、ゴージャスといっても差し支えないと思います。

写真付きのメニューがお店の入り口と、カウンター横にあるんですが、もういきなり迷います。
オーソドックスにいくのか、はたまた冒険に打って出るのか!?安定のメニューを選ぶのか、
せっかくブルーアップルさんへ来たのだから、ここ一番のメニューにするのか?

注文はカウンターで!メニューに頭を悩ませます(笑)

取材を忘れて優柔不断を前線に出してしまいそうだったので、
今回は“サンゴールドキウイ柚子ジンジャー”をいただくことにしました。
好きなんですよ、キウイが。

写真と一緒に、どんな構成になっているかのメモも添えられているので、
そこから味を想像するのも、また楽しい!
けれど、僕のように優柔不断な人間は、あれもこれもと目移りしてしまって、
余計に決めきれなくなってしまいます(笑)
メニューは季節によって変えていらっしゃるとのことなので、常にある定番というのはないそう。
定期的に新しいメニューで出会えるというのは、それだけで心躍りますね!

では、お願いした“サンゴールドキウイ柚子ジンジャー”と、ご対面!

このボリュームを見よ!

うん、このボリューム感。
パフェと言っても過言ではない。
立派なスイーツと言えるでしょう。
もちろんシンプルなシロップをかけただけのかき氷もいいけど、ゴージャスなかき氷も、また良し!
かき氷の地平が広がるというものです。

それでは一口目をいただきましょう。
口の中で溶けてゆくふわふわの氷と、名残を惜しむかのような舌の上に残るシロップ。
「僕は、このかき氷に出会うために生まれてきたのかもしれない」そう思ってしまうほど美味い。
うん、なんというか、食レポしてる場合じゃないという気さえしてきます。

氷の上段を抜けると、そこにはキウイの果肉の園が!

氷の中に果肉が!豪華!!

やれやれ、なんだって人は削った氷にシロップをかけるなんて、
魅惑のスイーツを思いついてしまったんだ。
こんなスイーツを産み落としたことを、どんなに慈悲深い神様だって、
許してはくれないだろうな。
果肉の甘味に対して、良いスパイスになるジンジャー。
それでいて柚子が入ることで辛味の刺々しさはなく、口の中をさっぱりさせて、
食べ飽きる事がない。
おや、食レポってなんだっけ?

魅惑の果肉ゾーンを過ぎると、そこに広がるのはシロップの大海。
食べて美味しく、目にも嬉しい。

ひたひたの大海!食べてしまうのが惜しい!

食べごたえはありつつ、ボリューミー過ぎない。
嗚呼、気がつけば目の前にあるのは、空の器。
なんということか、苦手な食レポをする暇も無く完食してしまった!

食レポするより早めに食べましょう(笑)

そもそも文字情報だけで、かき氷の美味しさを読み手に伝えようという試み自体に
無理があるというものです。
ここは是非、読者の皆さんにも、ご自身で足を運んでいただいて、
その味を確かめていただかねば!
僕から一つだけ言える事があるとするならば、ブルーアップルさんのかき氷は
エンタテインメントであるということ。
序破急を兼ね添えた魅惑のスイーツ体験です。

これから梅雨を迎えて、それを過ぎれば夏本番。
ほら、かき氷が待ち遠しくなってきたんじゃないですか?
それなら一足先に、かき氷先取りしちゃいましょう!

[※記者注:営業時間については取材時点のものです。
 季節によって変更があるそうなので、事前にSNS、ホームページ等でご確認ください]

【お店情報】
 店名/Blue Apple ~shaved ice Cafe~
 住所/足利市福居町2188-2
 営業時間/12:00 ~18:00 (取材時)
 定休日/火曜日・他不定休
 Instagram/blue.apple2021
 ホームページ/Blue Apple ~shaved ice Cafe~

【ライタープロフィール】
 植野 弘武 (うえの ひろむ)
 イズミヤ映画部「部長」/まちを紹介し隊「隊員」/“足利の”ミニ四ファイター
 映画/音楽/美術鑑賞、ミニ四駆、読書、園芸等、多様な趣味を持つ。
 美味い料理と、美酒が好き。
 無闇に豊富な知識で重箱の隅を突いて回っている。
 生まれてこの方、初見で名前をちゃんと読まれたことがないのが悩み。
 座右の銘は「人は流れに乗ればいい。だから流れに乗ってみる」。

関連記事